犬の生活論予定

0
    犬の生活論を初めて1年が経過しました。
    様々な事を科学的視点に基づいて学んでいただきました。
    これから数か月間は 特定の行動を課題に展開していきます。
    継続参加していただいた方も 初めて参加の方も ご参加お待ちしています。

    11月26日(水) 「吠え」(会議室 A 決定しました)
    12月24日(水)「散歩」(会議室 A 決定しました)
    1月28日(水)    29日(木曜日)「怖がり」(会議室 B 決定しました)
    2月25日(水)「クリッカートレーニング理論」「愛犬をダメにする、飼い主の行動15」(会議室 A決定しました)

    いずれの日も 
    14:00〜16:00
    南生協病院会議室(緑区大高町)
    1人2000円 (犬無し座学)
    (注)会議室の予約状況により日時が変更することもあります。それぞれ2か月前に最終決定を行いますので確認をお願いいたします。

    一つの行動や状況でも 一匹一匹また環境によって目的や頻度などが違いますね。
    ご自分の犬には当てはまらない行動だとしても、犬の行動修正をする時の考え方は基本は同じですので、ケーススタディーを繰り返すことで 様々な場面で応用ができるように人が成長していけると思いますので、ぜひご参加ください^^/

    お申し込み・お問い合わせは
    Pooches info@pooches.jp
    電話 052−621−6631
      

    22日犬の生活論ワークショップ終了

    0
      雨が降っていたので Poochesでの開催になりました。
      犬として行う自然な行動はほかっておいても発生しやすく、また繰り返すことで自然に発生頻度と強度が強くなりやすいです。
      教えなければ 起きない行動をどの手順で どの程度のステップアップで理解させるか、
      その行動をどうやって維持させるか 環境が違う状況でもできるようにするにはどうやって教えるのか・・・。

      犬の視点・犬のスケール(般化できる変化)・犬のサインを人が学ぶことで 優しく効率よく理解しあえる仲になれると思います。




      ゆっくり時間をかけて行い、周りの人たちの配慮もあるワークショップはいろいろなタイプの子に良い影響を提供できると思います。


       

      犬の生活論 (8月27日・9月24日)

      0
        8月27日(水)14:00〜16:00
        南生協病院 A会議室
        テーマ 「ペットロス」と「アニマルウェルフェア」

        9月24日(水)13:45〜15:45
        E会議室
        テーマ 「犬のシグナル」

        参加申込み受付中です〜
        申込は Pooches 052-621-6631
           email : info@pooches.jp
         email : info@d-bac.main.jp


        同日夜19時からの プロ向け夜の部も開催中です
        犬との接し方も 科学的根拠を理解して取り組みたいものです。

        3月犬の生活論「小声のコミュニケーション」終了報告

        0
          5月30日(金)14:00〜16:00 会議室A 開催決定しました、

          いつもは会議室で行われる座学ですが、今回だけは屋外授業〜!!!
          数頭の犬参加と熱心な一般飼い主さま大勢集合!
          ご参加、ありがとうございました

          今回のテーマ通り、激しいリード使いで犬を動かすことなく ちょっとした単純なルールを決めるだけで 小さな優しい合図でコミュニケーションが取れちゃうよ!という内容です

          最初はその基となる理論の説明と 伝え方の説明



          みんなでやってみる。

          普段は地面のにおいをがきまくるというワンコも 自らこの状態


          障害物(カップの上にフード)の中で。


          聞いて 観て やって 理解と自信のゲット!
          ワークショップのいいところですね。

          次回の予定は、
          4月25日(金)13:30〜15:30 会議室B

          5月30日(金)14:00〜16:00 会議室A
          6月20日(金)14:00〜16:00(未定)
          (会議室の予約が取れ次第 確定します)

          同日の夜、プロ向け(犬業者向け)勉強会
          19:00〜21:00
          場所 Pooches(プーチーズ)
          内容 学習心理学(行動分析学)認知心理学 動物行動学 発達行動学 コンサルテーション インストラクション知識・・・・などなど、犬と人のコミュニケーションつくりにされること全般。

          お申し込みお待ちしております
           

          「犬の生活論」今後の日程

          0
            今後の開催予定です。
            よろしくお願いします。

            一般向け 「犬の生活論」@2000(南生協病院会議室)
            4月25日(金)会議室B 13:30〜15:30(日時決定しました)
              「犬のからだと能力」

            5月30日(金)14:00〜16:00(未確定)
              前半「ペットロス」
              後半「犬の学習◆

            6月20日(金)14:00〜16:00(未確定)
              前半「動物福祉」
              後半「犬の学習」


            プロ向け「夜の部勉強会」
            3月28日(金)
            4月25日(金)
            5月30日(金)(未確定)
            6月20日(金)(未確定)
            いずれも、
            時間 : 19:00〜21:00位
            場所 : Pooches (http://pooches.jp/)
            料金 : 犬の生活論に参加したかたは 2000円、夜のみは3000円
            参加対象 : 犬にかかわる仕事についている方で、犬の学習心理学・応用行動分析学を勉強している方。

            未確定の日時は 決まり次第(約2か月前)に再度ご報告いたします。
            お申し込みお問い合わせお待ちしております。
             

            D-BAC勉強会

            0
              毎月行っている勉強会。
              先日は、ケーススタディーなどの後、
              クリッカーでTOYを手まで届ける行動形成。

              緻密な教え方で、犬達もあっという間に気付きます^^!

              勉強会終了 9月25日

              0

                 

                今回は満員でした☆

                ペットショップ勤務の方も参加してくださいました!

                なかなかペットショップの方とのつながりがありません。

                ショップで間違ったしつけ方アドバイスを受け、
                劣悪な飼育環境の繁殖家や販売店からひ弱な子犬を購入し・・・
                まだまだ売れれさえすればなんでもOK というショップがあります。

                そんなところでも、子犬を向かい入れる飼い主としては、いろいろアドバイスを聞きたいわけでして、
                だからショップ店員さんは 正しい情報を持っていないといけないと思います。
                聞かれたことを知らないなら、適当に答えないで専門家に聞く重要性をアドバイスしてほしいです

                獣医療の事は、動物病院へ、
                しつけ・行動学の事は ドッグトレーナーへ、
                ペットショップは、心身ともに健康な犬達を世に送り出すための重要ポイントに居ることに誇りと責任を持って 
                それぞれの専門家がうまく協力し合うことができるような 業界になっていけるといいですね

                今回 ショップ勤務の方が参加していただいて、
                すごーくうれしかったです。
                お互いに情報交換をして、より良い関係が作って行けることを望みます


                勉強会の内容は、
                海外と日本のブリーディング事情
                ケーススタディー(行動随伴性ダイアグラム)
                フラワーポットサーチのマイクロシェーピング
                その他セミナー報告
                などでした

                次回は10月30日(水)19:30〜21:30です



                7月勉強会終了

                0

                  今回のメインテーマは、
                  ☆「馴化と拮抗条件付け」 

                   


                  怖いものだらけの世界で生きるって大変。
                  少しでも平気なものを増やすために、効果的で効率の良い手続きについて
                  理解しましょう
                  なんとなくやっている のと 理解して意識して行うのと全然違いますよ

                  その他は、
                  ☆「脳トレ」について
                      自己解決能力は、日常生活に影響します。
                  ☆「現役動物看護士さんによる 診察台で愛犬を保定するテクニック」について
                   
                      力はいらないそうです。 力入れてぎゅって持ちすぎると ますます犬は不安になり暴れることが多いそうです。
                  ポイントだけ抑えればいいのですねー。
                  ☆「ドッグカフェのような、いろいろな人が集まる場所で店側の対応」について
                       そのオーナーさん、何が必要で、何ができるか、何を考えても無駄で・・・ひらめいてきたそうです^^
                      どの施設でも言える事だと思います。
                      抽象的な考えを具体的にしていくために、問題の原因分析、課題分析 職務分析・・・
                      「顧客満足」だけではなく、「経営側満足(目標・理念)」をしっかり持つことが サービス向上につながると思います。


                  6月の勉強会終了

                  0

                     今回のお題は、
                    ・サリーポプキンスのシグナル・ストレスサイン講義について報告
                    ・普段疑問に思う 練習の手続きや定義について意見交換
                    ・ケーススタディー

                    などなどでした。

                    それぞれ勉強会や、セミナー参加、専門書を読んだりして常に知識向上に努めているのですが、すべてにおいて鵜呑みにしないこと。
                    いくら有名な人が話をしても 鵜呑みにせず常に疑問を持ち、理解し現場で実践できるように心がけています。

                    次回は7月24日(水)19:30〜です


                    5月勉強会終了

                    0

                      またまた新しい方が加わって にぎやかになりました。
                      みんな意見を言ってくださるので、それぞれ有意義な時間になっていると思います。



                      今回のテーマは、
                      先月NHKで放送された、麻薬探知犬の育成いつて。
                      犬のやる気をいかにして引き出すかを考えることがプロの方のお話

                      アメリカのSPCAと各シェルターの取り組み、
                      虐待やネグレクト、闘犬などの飼い主を告訴し、その犬達を引き取り里子に出すまでのお話。
                      人との暮らしが送られるかどうかが、最後の大きな分かれ目生きるか安楽死かの判断になるそうです。
                      更生可能なレベルの攻撃的行動などは、ランクに分けてリハビリを行うことにより改善がみられるようです。

                      ドッグカフェにおいて、
                      トラブルを防ぎ、飼い主の意識を高め、どの子も穏やかに過ごせるようにさせたいけど、店側がお客さま(飼い主)に協力を求めることができない場合の対処法。
                      ・環境設定
                      ・入店した時に、飼い主に渡す「お願いグッズ」

                      トレーナー専門学校で、
                      環境やストレスレベルを考慮しないで テストに合格するために学校の犬を訓練しなければならない場合、何ができるか?
                      全く訓練を楽しまない学校の犬を、どうやって楽しませ行動を起こさせるか?

                      クリッカートレーニングにおいて、
                      トリーツポーチは、いつも同じ場所に着け、犬がそこからフードがでてくることを約束するやり方を推奨する海外の有名トレーナー。
                      しかし、先行する条件が、学習や行動の妨げになるとも考えられる。
                      モチベーションは高まり行動のスピードは高まるかも?
                      シェーピングによって行動の理解でき、合図を付ける段階で、それまでのヒント(トリーツポーチやプロンプト)を 全く変えて合図をつけるという手法か?

                      次回は、6月26日(水)19:30〜 名古屋市緑区桶狭間のPoochesです。

                      この記事のトラックバックURL
                      トラックバック

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「犬の生活論」1月2月募集中
                        酒井由美子
                      • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
                        きょんた
                      • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
                        Joanna-papa
                      • プレオーナークラス
                        secillove
                      • プレオーナークラス
                        しい
                      • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
                        GD竹内
                      • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
                        トイプー福

                      profile

                      書いた記事数:70 最後に更新した日:2015/02/17

                      search this site.

                      others